月給20万円でも借金返済!徹底節約ガイド

少ない給料でも借金返済はできます

給料安すぎ

さて、月給20万円というのは多いと感じるでしょうか? それとも少ないと感じるでしょうか? 一般的に月給20万円というのはそれほど少ない金額ではありませんが、人によってはそれでじゅうぶん生活できるという人もいますし、全然足りない!と感じる人もいるでしょう。 例えば借金返済もなく独身、という人なら月給20万円というのはそれほど少なくないはずです。 ですがこれが借金返済がある、家族を養っているという人なら月給20万というのは苦しいと思うかもしれません。

月給が20万円ということは大体手取りですと17万円ぐらいになります。 一人暮らしで借金を抱えている場合は生活費を支払い、そこからさらに借金を返済していく形になるわけですが、そうなると自由に使えるお金というのはかなり限られてくることでしょう。 ですが、月給20万円程度もらっているのなら借金を返済をしながら生活していくのはそれほど難しいことではありません。

もちろん借金の額は人によって違うので、毎月の生活は借金を返したらもう精一杯という場合もあります。 そういう時はWワークをするなどして稼いで、借金返済をしていかなければ苦しいこともあります。 ですが日常のちょっとしたことを見直すだけで生活しやすくなったり、借金返済のために多くお金を充てるということも工夫次第で十分可能です。

支出を削減することを考えよう

例えば節約などは借金返済のために欠かせないことのひとつでしょう。 今までとくに借金返済のための節約など気にせずに生活してきた、毎日の生活を見つめ直したことなんてほとんどなかった、そういった人は是非一度毎日の生活を見直してみることをおすすめいたします。 適度に節約した生活を心がけるだけで借金返済に苦しむ毎日から解放された、というのも決してありえない話ではないのです。

しかし、一言に節約といってもどんなことをすればいいのかわからないかもしれません。 あらゆる節約方法やちょっとしたポイントをご紹介していくので、参考にしながら借金返済と借金整理のために頑張ってみてください。 月給20万で毎月のお金の返済が苦しいと感じている方は必見です。 このサイトで述べられていることを実践すれば、毎月の借金返済がぐっと楽になるはずです。

基本的には、借金返済の額を増やすために家計の支出を減らす工夫をしましょう。 お金を稼いで収入アップというのはなかなかむずかしいですが、支出を減らすことによる節約は誰でも割と簡単にできます。

具体的な例を挙げると、週2回ペースで外食していたのを週1回にするだけでもかなりお金をセーブすることが可能となります。 この様に、借金返済のためのお金を捻出するには、支出を見直すのが手っ取り早いです。

毎月借金返済をしているという立場にある方は、自分の支出を把握するために家計簿、あるいはお小遣い帳をつける様にしましょう。 そのためには、買い物をした時には必ずレシートを貰うようにして、そのレシートの内容をその日のうちに家計簿あるいは小遣い帳に記載する様にしましょう。

そうすれば、自分の支出を管理することができ、無駄をなくすことで借金返済のために使うことができるお金を増やすことができます。

マルイのカードよ、ありがとう

若い頃の話ですが、バイトのお給料だけではやりくりできなかった時期がありました。 劇団に入っている時だったので、とにかくいつもお金に困っていました。 練習代、チケット代、衣装代、などでお給料が飛んでいってしまう、そんな日々を過ごしていました。

どうしてもお金がない時、友人に借金するのだけは嫌だったので、マルイのカードでキャッシングをしていました。 1万や2万円を借りる程度で、10回払いで借金を返済していくというパターンが主でした。 大きなお金が必要というより、生活費が必要な感じでしたので、キャッシングで借金出来るのはとても重宝しました。

感覚的には借金しているというより、自分の銀行からお金を引き出しているような感覚でした。 劇団のみんなも同じような生活をしていたので、負い目もあまり感じませんでした。

しかし、時には返済しきらない間に次から次と借金してしまうこともあり、月々の返済額が膨れ上がってしまい、大変なことになった時期もありました。 劇団でギャラをもらってもあっという間に借金返済に消えていってしまったり、そんな時はとても虚しく感じました。

マルイのカードは結構気軽に借りることができ、返済もマルイに出向いてお返しするといった感じでした。 マルイのカードは、イメージ的にも明るくて、借金をしている感覚があまり感じないところが利点でもあり、難点でもあるのかもしれません。 でも、あの金欠の借金返済時代を支えてくれたのは紛れもなくマルイのカードでしたので、心から感謝しています。 [追記]

クレジットカードの借金を返済

元旦那は働く事があまり好きではなく、気がつけば週1でズル休みをしたり、早退してくるような人でした。 更に元旦那の結婚前からの借金を返済する為に私はずっと働きづめの毎日でした。

そんな日々を過ごしていると誰も信じれなくなり、とうとう私は人と会う事さえ怖くなって来てしまったのです。 元旦那はすぐに自分の親に相談して、うちの親も心配して離婚になりました。 最後まで元旦那は寄りを戻したがっていましたが、そもそもの原因が元旦那にあるので、両方の親は許しませんでした。

それから半年ぐらいは、家族以外は顔を合わせない生活でした。 でも何をするにもお金が必要で自分のクレジットカードでネットショッピングしては商品を購入していました。 支払いは親がしていました。 その半年間は親も何もいわず支払ってくれましたが、高い買い物をする訳でもなくとも借金は借金と親に言われて、目が覚めました。

とりあえずは働かなくちゃと元々の貧乏暇なし根性が目を覚まし、スーパーのアルバイトを始めました。 親にした借金はそのお金から毎月毎月少しずつ返済し、1年もしないうちに完済しました。 あの時、親が私のクレジットカードの返済をしてくれなかったら、温かい目で見ていてくれなかったら、そっとしていてくれなかったら今の私は居ないなぁと思います。

元旦那の性格や借金の事、それらを見抜けず若さ故の勢いで結婚してしまった事に後悔しています。 ただあの状況で自分の借金を作らなかった事は当時の自分を誉めてあげたいと思います。 ですが、やはり親に甘えてしまった事、それによって借金を作ってしまい返済した事は忘れたらいけないと今でも思っています。 [追記]

身内を見ていて思う、借金だけはしたくない

私には母と兄がいます。 車で1時間半位の所に住んで居ますが、1年に3回位しか帰りません。

裕福な家庭に育った母はとてもお金遣いが荒く、何に使ってしまうのか、瞬く間にお金が無くなってしまいます。 祖父母が亡くなる度に、大きな遺産相続金が入るのですが、子供だった私にはその使い道が全く分かりませんでした。

高校は授業料を払ってもらえなかった為、ゴルフ場でキャディーのアルバイトをして卒業しました。 その後、金融機関に就職したのですが、ボーナスが支給されると「お金を貸してちょうだい」と言って借金をしてきました。 貸さないと家に居られなくなってしまうので貸しました。もちろんその借金の返済はしてもらえていません。

結婚して家を出ればもうそういう事は無くなると思ったのですが大間違いでした。 夫の会社に電話をして借金をするのです。

同じ時間に私の所にも電話が入り「まだお金が入っていないから、直ぐに送って。困っているのだから。」と言われ慌てて送金したので、二重に受け取っていたのです。 祖父から譲り受けた貸家の家賃収入が有ったのですが、大きなお金が欲しいと言って売ってしまいました。 家賃収入が有れば毎月20万円位は入っていたので、今でも楽ができたのにと思っています。

借金をしても返済能力も無いし、返す気持ちも無いのになぜかしてしまうのです。 その姿を見ている私は、貸すことは有っても借金はしたことが有りません。 消費者金融(サラ金)から借り入れが無いことが幸いです。 私は借金の保証人にだけはならない様に気を付けなければならないといつも思っています。 [追記]

カードで借金地獄に陥った末に

カードによる借金地獄が始まったのがいつ頃なのか、私は知りません。 私の両親がカードによる借金地獄に陥りました。

ただ、カードでお金を借り始めた頃は父母共に内緒にしていた様です。 ですが、その内互いに知る所となりついに来る所まで来てしまったかと言う感じで、もう既に借金の返済が不可能になっていました。

私は生活が苦しい事は何となく察してはいましたが、言ってくれれば高校を卒業して直ぐに就職をするのにと、その話を聞いた時に思いました。 私は当時、専門学校に通っていましたが、その時に学校を辞めようかと聞いてみたのですが辞めなくて良いと言われてしまい、やはり辞めていれば良かったと後になって後悔したほどです。

とは言え、専門学校を卒業後に私は住み込みの仕事先を見付け、そこに退避しました。 更に私には妹と弟がいますが、私が住み込みで働く様になった翌年に妹は一人暮らしを始め、私と同じく退避したのだと思いました。

弟に関しては、小学校卒業間近と言う所で、地元に居られなくなり両親と弟で引越しをしたと言う話を後になって聞きました。 だから、借金が原因で家族で一番迷惑を被ったのは弟なのかもしれません。

何年か経って家族と再会した時には、本当に私の弟なのかと言う風に思ってしまうほど弟の性格が変わっていて、何やら環境が変わった事により障害を発生させたと言う事の様です。 それはともかく、結局は借金返済はままならない状態で自己破産手続きをした様で、借金問題は返済という手段では解決しないまま、自己破産で終焉を迎えました。

それにしても、借金返済の事は頼っても良いと思う時に頼って貰えなかったのは正直辛いです。 借金返済に関する相談は何も無かった上、親の何気ない言葉で心情的に追い詰められもされ、後味の悪い苦い思い出です。 [追記]

ボーナス払いが苦になり借金増額

住宅ローンのボーナス払いを利用している家庭は多いと思います。 私たち夫婦も共働きをしていましたので、月々の住宅ローン支払いは8万円、ボーナス月の7月と1月はボーナス払いで20万円を設定していました。 夫婦合わせて年収も900万円程度ありましたし、ローンを組んでしばらくは特に問題ありませんでした。

しかし、妻が出産を機に正社員の職を辞めてしまいパート社員になりました。 このことにより、我が家の年収は減ることになりました。 月々の支払いよりもつらくなったのが、ボーナス払いです。 なんといっても、妻の分のボーナスが無くなったのですから。 でも何とか住宅ローンを返済して行きたいとの思いから、ボーナス払いの不足分を補うため、カードローンを利用してしまいました。

しかし、一時的なものですし、金利の高いカードローンを借りてしまったために借金返済額がさらに増えてしまいました。 今後はもっと借金返済がきつくなることも考え、住宅ローンの組み直しを検討しました。 妻もパートではなく正規雇用での転職をし、出産前よりは収入が下がるもののボーナスは貰えるようになりました。 なんとか支払える状態にはなりましたが、住宅ローンの借金完済の予定は長引きました。

今後また何があるか分らない状態ですし、借金返済のために生活はかなり切り詰めて無駄遣いしないようにしています。 住宅ローンの借金返済計画を組むときには、収入が減ってしまうことも考えていた方がいいのだなとつくづく感じました。 [追記]